「労働新聞」 南朝鮮かいらい統一部は「改編」ではなく解体すべきだ

ソウルにやっと開設された、「北朝鮮人権記録所」について北朝鮮が罵っていました。

「労働新聞」 南朝鮮かいらい統一部は「改編」ではなく解体すべきだ

【平壌9月27日発朝鮮中央通信】数日前、南朝鮮のかいらいが統一部内に悪名高い「北人権記録所」というものをとうとう設置し、従来の統一政策設立課は平和統一政策課に直すなど、同族対決と反共和国「人権」謀略のための機構をさらに補強した。

その反面、見かけでも存在していた北南協力事業関連機構はほとんどなくした。

27日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、結局、朴槿恵一味は今回の機構改編によって有名無実なかいらい統一部を完全に反統一部、同族対決部に公式化したと糾弾した。

論評は、これは同族に対する謀略と対決に狂った逆賊の群れの無分別なヒステリーが極度に達しているということを示すと暴いた。

また、必勝の先軍大路に沿って嵐を巻き起こして突き進む共和国の前進に「人権」謀略でブレーキをかけてみるということだが、それこそ砂で水を防ぐということ同様のたわいない行為だと言わざるを得ないと嘲(ちょう)笑し、次のように強調した。

今回、いっそう明白になったことがある。

民族の和合と統一の念願にあくまでも逆行する朴槿恵逆徒の同族対決政策実現の突撃隊、青瓦台の手先の群れに転落したかいらい統一部はこれ以上存在する必要がないというまさに、それである。

南朝鮮の各界ではすでに、統一部がしていることがいったい何なのか、青瓦台の手足の役をしながら人間のくずとぐるになって歳月を虚しく送ることしかないという非難が出て久しい。

民族の和解と団結に百害あって一利なしのこのような同族対決部、反統一部は当然、 「改編」ではなく解体すべきである。

解体うんぬんを言うなら、北朝鮮労働党こそが解体されるべきでしょうね。

これが新聞だというのだから笑わせます。

そもそも同族対決をやりまくっているのはそちらでしょうに。

自分のことを棚にあげて、韓国や日本のせいにするメンタルは昔っから変わりません。困ったものです。

コメントを残す