トルコが中国のウイグル弾圧を非難 日本も見習おう

トルコが中国のウイグル弾圧に対して非難声明を出しました。

「独裁色を強めるエルドアン大統領」というフレーズで、友好的とは言い難い報道をされがちなトルコのエルドアン大統領。

最近はサウジのジャーナリスト殺害で暴露しまくったり、シリア情勢で積極的に仲裁役に乗りだし、非武装地帯を作ろうとしたりと色々頑張っておられます。

今度は中国のウイグル弾圧に対して、直々に非難声明を出しました。

 

 

 

収監されていたウイグル族詩人の死亡を受けて、トルコ政府が中国を名指しで非難。

ウイグル族への弾圧がひどくなっている!

同化政策が原因だ!

恣意的に逮捕・拘禁して、拷問と思想教化を行っている!

そんな行為は人類の恥だぞ!

収容所を閉鎖しろ!

とのことです。

どんどん言ってくれ。

最近黙ってるな~と思ってましたが、選挙も近いせいか保守層にアピールするという思惑もあって、中国への批判を強めています。

そうすることで「トルコは米国や欧州側に立ってますよ」とアピールできる効果もありそうです。

日本政府も見習ってほしいですね。

米中の新冷戦で日本を篭絡したいと中国が思っているときこそ、この手のことで堂々と批判すべきでしょう。

それでこそ中国も躊躇して弾圧を緩める(できなくなる)はずです。

北朝鮮にも同じことをやってほしいのですが、対話モードのためか人権批判はトーンダウン中。

非核化で大きな進展でもあれば、当分封印されるでしょう。

ウイグル族が中国共産党の圧政から解放されるのが先か、北朝鮮国民が金正恩労働党から解放されるのが先か。

現代で本物の奴隷制が維持されている国は、中国と北朝鮮くらいでしょうね。

アジアの恥ですよ。