崩れそうで崩れないトランプ支持率

とかく評判が悪いトランプ大統領。

支持率も大暴落するかと思いきや、驚きの粘り腰。

支持率40%前後からなっかなか落ちない。

ほんと不思議です。

共和党支持者内でのトランプ支持にいたっては8割を越えます。ビビるわ。

逆に民主党支持者のトランプ支持率は8%です。笑うわ。

真っ二つの米国。もはや共和党教と民主党教の2大宗教の国ですね。

 

なかなか崩れないトランプ支持率ですが、そうはいっても中間選挙に向けて不利であることは確実。

その不吉な兆候は8月上旬に行われたオハイオ州の補欠選挙に出ていました。

1982年以来ずーっと共和党議員を出していた、共和党の鉄板選挙区。一応共和党が勝ちましたが、超僅差での勝利。圧勝すべき選挙区でこの結果では、11月の中間選挙が思いやられます。

議会の過半数は民主党に移ることは確実でしょう。

ただ共和党が惨敗するかと言うとそれも微妙。

おそらく民主党が有利な選挙区は惨敗するでしょうが、それ以外は今回のオハイオ州のように、僅差で勝ちを拾いそうな気がします。

投票の人数で見れば、民主党に入れた人が圧倒的に多いのに、なぜか議席数はちょっとだけ民主党が多い、なんてことになりそうです。

そんなことになったらトランプ嫌いの人たちが「なぜだぁーっ!!きぃぃぃぃっ!!」と発狂すること間違いなし。

共和党が惨敗したらしたで「ざまぁみろ!ひゃほぉぅいっ!!」と狂喜乱舞すること間違いなし。

どちらにせよ、11月の米国中間選挙は盛り上がりそうです。