ツッコみどころ満載の北朝鮮報道『日本は朝鮮民族の和解雰囲気がそんなにも快くないのか 朝鮮中央通信社論評』

北朝鮮の報道はツッコみどころが多すぎて本当に面白い。

24日の朝鮮中央通信の『日本は朝鮮民族の和解雰囲気がそんなにも快くないのか』という報道は特に凄い。

いちいちツッコんでみたいと思います。

 

日本は朝鮮民族の和解雰囲気がそんなにも快くないのか 朝鮮中央通信社論評

【平壌1月24日発朝鮮中央通信】

全世界が朝鮮半島情勢の緩和に支持と歓迎の声を高めている時、米国に劣らず意地悪く振る舞って邪魔する国がある。

狭量のことで政治小国と指弾を受ける日本がそうである。

外相の河野、内閣官房長官の菅、防衛相の小野寺をはじめとする安倍一味は、北南間の和解の局面が始まった初期から対話のための対話になってはいけない、最大の圧迫を加えて北朝鮮の政策を変えるという既存政策には変わりがあってはならないとひねくれたことを言った。

特に、首相の安倍は欧州地域諸国に対する訪問の期間、「北朝鮮が欧州全体を威嚇」するという荒唐無稽(こうとうむけい)なほらを吹き、われわれのイメージをダウンさせる意地悪な言動をこととした。

欧州で人さらいしてた過去を棚に上げてよく言います。

日本では”日本人拉致”ばかりが強調されますが、世界中でしらみつぶしに色んな国の人間拉致しまくってたのが北朝鮮です。

北朝鮮が”直接”欧州を威嚇することはないかもしれませんが、イランはじめ中東の反欧米国家と共闘で核兵器開発やミサイル開発しているわけですから、”間接的”に脅威になるのは間違いない。

反米と外貨獲得のためならテロ組織にも平気で武器を売るのが北朝鮮です。

これは、われわれの主動的な措置によってもたらされた北南関係改善の流れに腹が煮え繰り返って、なんとしても和解の雰囲気を害してみようとする卑劣で悪らつな策動である。

極度の敵対感と病的拒否感を持っている日本は、今までわれわれに対してたった一度も優しいことを言ったことがない。

何を言ってるんだか。60年代、70年代なんて韓国と北朝鮮に対する世論は真逆でした。韓国は軍事独裁の暗黒世界で、北朝鮮は社会主義体制で人間の人間による搾取がなくなった地上の楽園ですから。

「今までたったの一度も優しいことを言ったことがない」なんて歴史修正主義的発言はやめてほしいものです。

しかし、北南関係において劇的な転換が起こっている時、日本の高位当局者らが世界の各地を奔走しながらいつよりも意地悪く振る舞っていることに対しては注目せざるを得ない。

もともと、朝鮮民族が和解し、団結することを警戒しながらわが民族の内部に反目と不和を生じさせて漁夫の利を得てみようとするのは島国一族の体質的な悪習である。

え?あなたたちは朝鮮民族じゃなくて金日成民族ですよね?嘘は良くないです。都合良く民族を詐称するのはやめてほしいものです。

われわれに対する圧迫騒動に熱を上げる日本の意地悪い下心は明白である。

かつて、われわれの正々堂々たる自衛的措置が講じられるたびに誰よりも騒ぎ立てて軍事大国化実現の好機としてきた日本であるから、今の関係改善の雰囲気が気に入るはずがない。

朝鮮戦争後、一貫して軍事大国化を目指してきた北朝鮮に言われたなくない。経済がクソで軍事大国に”なれない”だけで、隙あらば軍事大国になろうとしている国が隣にいるから日本は”自衛的措置”で軍事費増やしているだけです。必要なければ国防費削ってますよ。

許されるならイギリスみたいに軍事費どんどん削りたいですよ。あなたたちのせいで削減できないのに、己の責任を棚上げして日本を責めるのはやめてほしいものです。

それは、北南関係が改善され、朝鮮半島に平和の機運が漂えばしつこく追求してきた「集団的自衛権」の行使、憲法改悪の口実を失うようになり、海外膨張の野望が水泡に帰しかねないからである。

凄いこと言ってますね。南北関係が改善されて平和の機運が漂うたびに軍事威嚇して南北関係破綻させてきたのは北朝鮮でしょうに。加害者が被害者面するのはやめてほしいものです。

北南間の対話と関係改善の雰囲気に意図的に水を差す日本の行為は、朝鮮半島の平和と安定を願わない自分らの下心をさらけ出すだけである。

朝鮮半島の平和と安定を願うなら、北朝鮮の自由化と人権問題の解決が第一条件でしょう。

特に、日本が対朝鮮制裁・圧迫共助を哀願し、われわれの政策転換について出まかせにしゃべったのは寝言のようなたわごとにすぎない。

今こそ、日本が自分自身のために大勢を正しく見て対朝鮮政策を変えなければならない時である。

日本は、他国の祝いの膳に灰をまき散らそうと意地悪く振る舞うほど、過去の希世の罪悪に千秋に許せない罪悪を上塗りにし、わが民族の反日感情をさらに爆発させるだけだということを知るべきである。---

日本のことを言う前に大勢を正しく見て自国の政策を変えるべきは北朝鮮でしょう。困った人たちです。

それにしても自分のことを棚に上げて他者を非難する手腕はさすがですね。

不思議なもので、ずーっと罵倒のオンパレードだと誰もまともに取り合わないから非難されません。

トランプ大統領が同じようなことを言ったら大騒ぎになるのに面白いものです。

大国と小国の差なのでしょうが、こういうことこそ差別なく暴言を吐いた者を等しく批判してほしいですね。まぁ多すぎていちいち相手にしてられないんでしょうけど。

日韓のリベラルの問題点は独裁国家に甘く、自国政府に厳しいことでしょう。

普遍的な人権を掲げるわりには、平気で二重基準的な言論活動を行う。だから嫌われる。

自国政府には狂ったように非難するのに、北朝鮮相手だと平和・反戦・融和のオンパレード。意味がわからない。

早くそういう二重基準をやめれば良いのに、なぜやめられないのか本当に謎。

自己保身なのか分かりませんが、そういう態度は早く改めてほしいと思います。