ウイグルの収容所 楽しそうな光景が逆に醜悪

イギリスBBCで放送されたウイグルの収容所。

中国が洗脳教育を施しているという批判を払しょくするためにあえて海外メディアを入れて放送させているようです。

宗教的過激主義をなくす施設。職業訓練の施設。伝統文化を楽しめる、なんの問題もない。

この手の言い訳でこの施設を正当化する中国。

本当に恐ろしい、、、。

伝統文化を楽しんでいるよ!と音楽の時間の様子が放送されていますが、楽しそうに歌っている様子も、これが無理やりやらされてんのかと思うと逆に醜悪です。

寝るところも10人一部屋、便所も微妙。

刑務所にしか見えん、、、。

服装も画一的なジャージ一色。

収容者も犯罪者ではなく、”過激主義に走るかもしれない”という理由で収容。

ウイグルのイスラム教徒はすべからく犯罪予備軍扱い。

中国の恐ろしさは、たとえ世界中から批判されてもこの最悪な行為を断固推し進めるところでしょう。

バレても恥じず、むしろ職業訓練所だと堂々と大嘘で開き直る。

恐ろしい限りです。