燃え上がるアメリカ中間選挙 意外と接戦っぽくて驚く

いつもはあまり注目されない米国の中間選挙が異様な盛り上がりを見せています。

良くも悪くもトランプ効果ですね。

民主党の圧勝と思いきや、ここに来て共和党が猛烈な追い上げを見せています。

10月は189だったのに直近では196。7議席UP。

民主党は4議席減。

まぁ予測は予測ですし、これが当たるとも限らない。

 

移民排斥や人種差別が論争の的になっていますが、やはり絶好調の経済は重要です。

昨日の国際報道2018でのトランプ評価が興味深かったです。

 

以前来た時は閑散としていて、さびれていた印象だったのに新たなビルが建設中。

雇用が好調だとトランプ大統領を絶賛する人々。

 

景気いいよ!失業率下がったし最高!と絶賛です。

民主党に見捨てられていた五大湖周辺のラストベルト(さび付いた地帯)に、雇用を戻すと約束して大統領へと当選したのがトランプ大統領です。

彼はその公約を守っています。

親子二代でフォードに努める人も絶賛。

メキシコに流出した雇用を止め、アメリカに戻した。

公約をちゃんと守る数少ない大統領の一人。

彼はアメリカ国民のために約束してるんだと称賛。

中国の安値攻勢で閉鎖された鉄鉱山は関税によって再開され、オバマ政権下での二酸化炭素排出削減政策で閉鎖された石炭の町は息を吹き返す。

そんな報道を見るにつけ、まさか勝つんじゃないだろうな?と不安になります。

基本的に民主党が多数は占めればいいと思ってます。

そうすれば米朝会談や南北会談で人権問題取り上げろという圧力が増しますから。

何せ今回の民主党候補者の構成がこれです。

民主党はより左に、共和党はより右になって、イデオロギー戦争の様相を呈しているのが今回の中間選挙です。

何せ経済は絶好調で、民主党はもともと保護主義的な貿易政策ですから特に反対する理由もない。違いと言えばせいぜい「友好国・同盟国相手に関税で脅すのはやめろ」と民主党が言うくらい。

民主党は史上空前の女性候補者数、LGBTも多数。

しかし、これが票に結び付くかというと微妙かもしれません。

女性数はともかくLGBTは微妙。

ちょうどトランプ大統領の不倫疑惑で大騒ぎしているときに、アメリカの報道でトランプ支持者が「同性愛者より女ったらしの方がマシだよ」と言っている人がいました。

う~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん、と唸りましたね。

同性愛者を弾圧しろとか、”治療のため”に病院送りにしろとか、そんなことは極右と言われる人たちだって思ってはいません。

が、一般人が「なんか気持ち悪いな」と内心思ってしまうのはどうしようもない。

道を歩いていて男女がいちゃいちゃしたり、キスしていても「いや~幸せ一杯だね~」とか「うらやましいね~」とか思う程度ですが、むっさい男同士が同じことをしていたら「ぎょっ」とします。

この嫌悪感というやつは厄介で、通常の電話インタビューやテレビ報道で公に口にされることはない。

しかし、匿名の投票行動ではその「嫌悪感」が票を左右します。

CNNの日本語報道でLGBT候補の演説を見ましたが、見た目は太めの女性なんですが、声がめっちゃ男でした。

経歴的には超優秀っぽいし、民主党の予備選で勝ち上がってくるくらいですからきっと有能なんだろうと思うのですが、これ選挙に勝てるかは微妙だな~と感じてしまいました。

しょせん選挙は人気投票ですから。ノンポリの無党派層はくどくどとした長い政策演説など聞きません。

見た目や声は重要です。

見た目は女なのに、声は重低音の男声。

う~~~~んって感じ。

言葉で説明できない。

LGBT擁護の理想は共感しますが、民主党の勝利へとつながるのかはちょっと考えさせられました。

ハリウッドの有名人たちが続々と民主党支持を訴えていますが、これも微妙です。

そもそもセレブ嫌いの労働者層がトランプ支持に動いたから大統領選に勝ったわけです。セレブたちが支持したら、逆効果でしょう。

他にも民主党の予備選で続々と社会主義性向が強い候補が続々とベテラン議員を破っているのも気になります。

南米からの難民キャラバンも共和党へと有利に働いている模様。

なんてトランプにとって都合の良い事件がぐっとタイミングで起きるんだと驚く。

あんだけボコボコにメディアから批判されてるのに、選挙で良い勝負にまで巻き返すんですからほんとビビりますよ。

ちょっと神がかってますね。

これで共和党勝利にでもなれば、トランプファンはトランプを神格化することでしょう。

トランプ大統領がこれでもかと図に乗ること間違いなし。

うざいだろうな~(笑)

日本は他人事なので舞台を楽しく観賞できますが、アメリカのリベラルは頭から湯気が出るくらい怒り狂うでしょう。

分断に拍車がかかること間違いなし。

共和党が勝っても日本としては別に被害はないでしょうけど、人類の明るい未来的には民主党が勝った方がいいとは思っています。

ただCNNを見てると、ブルーカラーが(=暗に低学歴貧乏と小馬鹿にしてる)トランプ支持だとか、結婚して収入も夫に依存している女性(=主婦をバカにしている)の51%がトランプ支持だとか、上から目線の評価が実に多い。

そのたびに「おいおいやめとけよ、怒り買って断固たる決意で投票に行かせるだけだぞ」とゲンナリさせられます。

この辺のエリート意識、選民意識が嫌われる理由の一つだったりするんですけど、無自覚なのか共和党支持者嫌いが強すぎるのか、なかなか改まらないですね。

大統領選の失敗を繰り返しそうでとっても心配。

さすがに民主党が勝つだろうと思ってはいますが、共和党の追い上げは不気味です。

民主党の圧勝だと思ってたら、あんがい競りそう。

米国の中間選挙の結果がどうなるか楽しみです。