嘘をつく慰安婦の深層心理 死者の代弁

以前から嘘をついている、又は偽物が紛れ込んでいると指摘のあった慰安婦の証言。人権問題に取り組む上での難しさが顕著に出ています。

気の毒に思って感情移入すると「もしかして嘘をついているかも?」という疑問を持つことができなくなります。また、周囲に慰安婦という金看板を掲げて言論弾圧を加えて来る市民団体のせいで、疑義を挟むこともできなくなります。

結果、神聖不可侵の神話となります。

これを常識的な善意と話し合いで解決しようとするならともかく、北朝鮮や朝鮮総連、韓国従北団体がコントロールしだすと問題はこじれにこじれます。

行きつくところは日韓断交、韓米関係の悪化。だってそれを目的として活動しているのが従北団体ですから。

トランプ訪韓で慰安婦と抱き合う写真が日本のメディアでも報道されましたが、対北朝鮮で歩調を合わせないといけない時に、なぜこんなことをするのか?と批判的な論調がほとんどでした。

もはや慰安婦問題で日本の世論を誘導することは不可能になりました。

北朝鮮の対日世論工作の最大のツールが一つ失われたようです。

 

韓国ではまだまだ使える北の工作ツールですが、暴走する慰安婦団体が韓米分断に向けて順調に暴れているようです。

アメリカ人でもこの慰安婦運動の件で、疑問をもったり不満に感じている人は徐々に増えています。

韓国人売春婦がトランプ大統領にハグを迫る演出

(中略)

メールは、アーチーがソウルの晩餐会で文在寅大統領が、慰安婦を主人公にしてトランプ大統領との写真を撮らせる場面を見たというもので、以下がその内容です。

===
この老女の経歴を精査すれば、韓国は面目を失うだろう。彼女は88歳。日本軍の慰安婦だったにしては若すぎる。1943年までに 幾つかの地域から慰安婦は 帰国している。ミッドウェー海戦は1942年半ばだ。

したがって1943年に慰安婦になったなら、彼女は 満州または中国に送られたはずだ。彼女の話が事実かどうか調べれば わかることだ。もっとも 誰も興味をもたないだろうが。

米軍の第49調査報告書によると、1942年に700人ほどの慰安婦がビルマに送られたのが最後でそれ以来はゼロである。(注: 私ーマイケルヨンーもそのレポートを読んだ。彼女らは売春婦であるとはっきり書かれている。)

1944年、日本本土への空襲が 始まり、1945年、日本は生き残るために必死で戦っていた。
彼女は朝鮮戦争時 何をやっていたのだろうか?

国賓をもてなすにあたり儀礼を欠いたことについては言及しないが、トランプ大統領に抱きついたかつての慰安婦を名乗る李容洙(Lee Yong-soo) は、韓国にとっての恥となるだろう。
慰安婦になった当時の状況を語った彼女の証言は矛盾だらけだ。

証言によると、1944年に船での移送が危険であったにもかかわらず台湾の特攻隊基地に彼女は送り込まれたそうだ。
だとすると、なぜ日本軍がそんなことをする必要があったのかという別の疑問も湧いてくる。彼女の言うとおり 日本軍が敗戦濃厚で必死なときに朝鮮で女性を拉致して台湾の慰安所に送り込むなど 矛盾している。当時 日本であった台湾には女性が沢山いるのだ。

答えは明白だ。米軍の第49調査報告書には慰安婦は売春婦であるとはっきり書かれている。

========
その後、我々調査班の別のメンバーからも以下のメールが来た。

彼女は台湾で慰安婦をしていたと証言している。このことについて Sarah Soh が彼女の著書の中でどう書いているかもっと調べてみるつもりだが、この老婦人の’性奴隷’の信憑性を根本から覆しているのは、亡くなった神風パイロットの魂と1998年に結婚の儀式をした、という発言だ。彼女の証言には矛盾が多すぎてとてもまじめには聞いていられない。

韓国人売春婦がトランプ大統領にハグを迫る演出

もはや本物の慰安婦たちは謝罪を受け取って市民活動の前線からは一歩引いているんでしょうね。

残ったのは現在進行形で収容所で女性を性奴隷にしている北朝鮮と共同声明を出して緊密に連携している挺対協と、挺対協の影響力が強いナヌムの家という軟禁所に住む慰安婦くらいでしょう。

慰安婦の証言も、ジープだとかヘリコプターだとか当時の日本軍には存在しないものが出てきたり、「それ米軍のことじゃないですか?」と言いたくなるような嘘くさい証言をする人たちもいます。

なぜこの人たちは嘘をつくのだろうか?良心は痛まないのだろうか?と疑問に思いますが、おそらく「善意でやっている」から平気で嘘をつけるのでしょう。

つまりは死者の代弁です。

体を売っていたことを恥じて名乗り出ることができない。
多くは死んでしまった。
だから私が代わりに彼女たちの名誉回復のために”多少話を脚色してでも”強く国際世論に訴えていこう!

思考の流れを推測するとこんな感じでしょうか。

本人は善意でやっているから妥協を知りません。

支援団体が調べたことをさも自分の体験のように話すことも平気でするでしょう。死んだ人の替わりに正義をなそう!というのが深層心理なわけですから。

似たような事例はそこかしこにあります。

総連傘下の在日本朝鮮文学芸術家同盟が制作した映画『乙巳年の売国奴』(原題:을사년의매국노)で使われた、筑豊炭鉱で朝鮮人労働者の落書き。

「腹が減った、故郷に帰りたい、お母さんに会いたい」と書いている。

落書きした人も、これで当時の過酷な状況が伝わるだろう、と善意でやったのでしょう。

こういう構図が数々の在日神話が生まれた精神的土台とも言えます。

実際差別はありましたから、問題の実態を取り上げて是正を要求するのは大事なことです。その過程で”社会で注目を受けるため”に善意で嘘をつく。

良い結果になれば問題はないでしょうが、何十年も経過したあとに嘘が独り歩きして日韓関係悪化に利用されるんですから笑えません。

慰安婦問題も同じです。

出だしは吉田清治氏の捏造で、次は証拠能力ゼロの”平壌に住む慰安婦”の常軌を逸した証言。

何万人もの朝鮮人女性を官憲がしょっぴいて戦地で性奴隷にしたという、脚色を通り越して捏造レベルにまで昇華された神話がまかり通る。

この点は嘘じゃないか?ちょっと言い過ぎじゃないか?と今さら言えない状況にまで世論が先鋭化。

めでたく米国大統領に慰安婦がハグする状況にまで来ました。

文在寅大統領がやるべきはこういう写真だったと思います。

President George W. Bush welcomes Chol-hwan Kang to the Oval Office Monday, June 13, 2005. Mr. Kang is the author of, “The Aquariums of Pyongyang: Ten Years in the North Korean Gulag.” Mr. Kang defected from North Korea and now lives in South Korea and works as a journalist. White House photo by Eric Draper

(URL:https://georgewbush-whitehouse.archives.gov/news/releases/2005/06/images/20050613-1_p45011-005-515h.html

ブッシュ大統領と握手する姜哲煥氏。こういう写真が撮れれば良かったんですけどね。残念ながらTHAAD反対、米国批判をしまくっていた慰安婦と抱き合う写真が世界に流れました。残念なことです。

韓国の議会でのトランプ大統領の演説は感動的でした。トランプというより原稿書いた人の功績でしょうけど。

北朝鮮の人権問題に言及した内容はこちら。

北朝鮮の労働者は耐え難い状況の下、ほとんど無給で苛酷な長時間の労働をしています。最近では、すべての労働人口が70日連続で働くか、休日を取るためにカネを支払うよう命じられました。

水道設備のない家で暮らす家族もあり、電気が来ている家は全体の半数以下です。親は息子や娘を強制労働から免除してもらうために教師に賄賂を贈ります。1990年代には、100万人以上の北朝鮮人が飢餓で死亡しており、さらに多くの人が今日も飢えで死に続けています。

5歳以下の子どものうち30%近くが栄養不良による発育不全に苦しんでいます。にもかかわらず、2012年と2013年に、現政権は国民の生活水準の改善に充てるはずの予算の半分近くに当たる推定2億ドルを投じて、独裁者を賛美するための記念碑や塔、像をさらに多く建設しました。

北朝鮮経済のわずかな収益の残りは、ゆがんだ政権への忠誠心の評価にしたがって配分されます。国民を平等な市民として評価するのとはほど遠く、この冷酷な独裁政権は、国への忠誠心を測る最も独断的な指標に基づいて彼らを測りにかけ、採点し、ランク付けをします。忠誠心に最も高い評点をもらった人たちは首都の街に住むことができます。最も低い点だった人たちは飢えます。1人の市民のささいな違反行為、例えば、捨てられた新聞に印刷された君主の写真を誤って汚すといった行為により、その人の家族全員が数十年にわたり社会的信用の格下げを被ることもあり得るのです。

推定10万人の北朝鮮人が収容所に入れられ、強制労働をさせられ、常に、拷問、飢え、レイプ、殺人に耐えています。

知られている一例では、9歳の男の子が、祖父が反逆の罪に問われたばかりに10年間、投獄されました。別のケースでは、学生が学校で、キム・ジョンウン(金正恩)の人生に関する詳細をたった1つ忘れたために叩かれました。

兵士たちは外国人を誘拐し、北朝鮮のスパイに語学を教える教師として彼らを強制的に働かせます。

戦前、キリスト教の活動拠点だった朝鮮の一部の地域では、キリスト教信者やほかの信仰を持つ人たちは祈っているところや、何らかの宗教的な本を持っていのを見つかると、拘束され、拷問にかけられ、多くの場合、処刑すらされます。

北朝鮮の女性は民族的に劣ると見なされる子どもを身ごもると中絶させられます。そういう子どもが生まれてしまうと、生まれたばかりの赤ん坊は殺されます。

ある女性の赤ん坊は父親が中国人だったために、生まれるとすぐにバケツに入れられ持ち去られました。看守は、赤ん坊は「不純だから生きる価値がない」と言いました。

トランプ大統領 北朝鮮に警告 韓国国会演説の動画と全文(日英)掲載

これを文在寅大統領が国連で演説するくらいになれば、従北呼ばわりもやめるんですが、支持基盤に従北団体が含まれている間は無理でしょう。

2015年の日韓慰安婦合意で、国連の場で慰安婦問題には言及せず、北朝鮮問題のみ触れた時はやっとここまで来たか!長い道のりだった…、と思ったものでしたが、文政権誕生により先祖返りしそうですね。

北の人権問題には触れず、言い訳程度に核問題だけ言及し、人権問題はまた日帝連呼になりそうです。

それにしても正義感を炸裂させた”死者の代弁”者ほどやっかいなものはないです。

なにせ「事実はこうではないですか?」という疑問を一切聞かないですからね…。延々に解決しませんよ、こんなもん。