野党の支持率がずーっと低空飛行

先週のNHK世論調査ですが、相変わらず野党の支持率が残念なことになっています。

かつて10%くらいあった立憲民主党も今や5%。

その次が日本共産党です。

共産党が野党第一党になったらギャグですよね、もはや。

よく反安倍や野党の皆さんが、”支持政党特になし”を取り上げて、安倍自民が民意を代表しているわけではない、というようなこと言っています。

はっきり言って、投票を義務化して投票させるようにしたら自民支持が増えると思います。

投票率の低い若者は安倍自民支持ですから。

最近野党が投票に行きましょう!投票率を上げましょう!キャンペーンをあまり熱心にやらないのが笑えます。

昔は「若者=革新政党支持=野党支持」という構図があったので投票率UP活動を野党が熱心にやっていました。

それも今や昔。

若者の投票率を上げたら自民が有利になるのが現状です。

情けない話です。

このまま日本共産党が野党第一党にでもなったら日本の政治はおしまいですね。

野党の情けなさに国民が絶望すること間違いなし。

自民一強が盤石になり、自民の一党独裁体制と言われても否定できなくなりそうです(笑)

そうならないよう、野党にはしっかりしてもらいたいですね。