ネトウヨ(=従北偽装保守)に見る印象操作

だいたいネット上でテンポ良くヘイトスピーチ界隈の方々とやりとりしているネトウヨは同じ一味でしょう。オーナーは北朝鮮です。笑ってしまう投稿があったので紹介していおきます。

北朝鮮と朝鮮学校

旧瀋陽軍区とのつながりを云々かんぬん述べて、鈴置高史氏の記事を引用したりして、最終結論がこれです。

これらの内容を繋げると、韓国切り捨て以外の結論には成り得ないわけです。結論は、余命の記事を紹介します。

そんなわけがない。別に日韓友好のためとか言ってるわけではありません。何もせずに指をくわえてみすみすくれてやっていい地域ではない、ということです。韓国に対する評価を矮小化させる印象操作でしょう。

日本の安全保障にとって韓半島情勢は常にトッププライオリティでしょう。なにゆえ大陸の赤い暴君勢力に何もせずにくれてやらねばならんのだ!アホかお前は!!と言いたくなります。韓国はほっとけ論に誘導しようとする輩はまず北朝鮮の工作と思った方が無難です。

ちなみにこの『余命プロジェクト』というネットの方々、絵に描いたような従北偽装保守です。とある北朝鮮関連に団体に入り込んでいたクサレ右翼をつい最近とっちめたのですが、そいつが勧めてきたのがこの『余命三年時事日記』という本です。

韓国や民団を元気よく叩く割には北に甘い。民団新聞を引用して反日勢力だー!と言うわりには朝鮮新報は引用していません。仮に民団新聞を反日レベル1としたら、朝鮮新報なんてレベル100でしょう。民団って朝鮮総連の天敵ですからね。まぁこうやって保守の仮面つけて愛国馬鹿をネットで煽り、己の仇敵を潰していくわけです。いかにも北朝鮮と朝鮮総連がやりそうなやり口です。こういうところは中国的ですよね。

もちろん反米情緒を醸成することも忘れていません。反米情緒を醸成し、中国敵視し、嫌韓感情を煽って、最後は日本最高!皇室LOVE!!という感じで気持ちよくなって終了、という本です。そして北朝鮮はスーパーソフトタッチかスルーしている本です。まぁ、まず北朝鮮が書かせたと思った方が無難でしょう。要は日本を孤立させるための工作ですね。

従北偽装保守の見分け方は、朝鮮学校でしょう。朝鮮学校を非難はするのですが、最終結論が「ほっとけばいい」、という論理展開にしていきます。書き方がこれ。

こういった対応も必要ですし、この問題を解決するためには、枝葉の対応にも限界もあるわけで、対策として考えられるのは、北朝鮮と総連&朝鮮学校の分断させることだと思います。正直なところ、日本国内の総連や朝鮮学校の存在が、北朝鮮にとって役立ってるとは思えないし、無駄に敵対させているだけで、南朝鮮と民団も然り・・・(笑)特定アジアとか、西北南朝鮮というカテゴライズされて、今までの仕打ちについて臨界点に達している状況なわけで、戦後の取り組みについては、福沢諭吉の脱亜論の立証以外に何があるんだかww??

個人的には朝鮮学校の問題よりも、今重要なのは韓国学校の件と思います。

 

オッケー、従北!(オッケー、グーグルのノリで)

朝鮮学校より、韓国学校の方が重要などありえないでしょう。このソルマジ公演を30年もやり続けている学校ですよ?この動画を脳内に刻み付けて、チュチェ汚染された思考回路を改めてもらいたい。

 

「正直なところ、日本国内の総連や朝鮮学校の存在が、北朝鮮にとって役立ってるとは思えない」など妄言中の妄言でしょう。北朝鮮の役に立ちまくってますよ。差別作りだして、右翼煽って、韓国へ敵意を向けさせ、日韓断交に向けてせっせと活動していますから。
(※詳しくはこちら『在特会に入り込んで差別を作りだす朝鮮総連』)

だいたい反日勢力叩きが大好きならこの組織を真っ先に叩かないとおかしいでしょう。

 (※https://youtu.be/9uZcwW7cVo8?t=4m53sより)

「将軍様」の総連ですよ。誰が日本人拉致を命令したか分かってます??その将軍様ですよ。さらに言えばミサイル発射だって大変喜んでおられますね。

(※https://youtu.be/9uZcwW7cVo8?t=7m8s

思いっきりミサイル発射をお祝いしておりますね。金正恩元帥様の領導で在日朝鮮人運動の新しい全盛期を開いていくそうです。どう考えても北の暴君が在日朝鮮人にとっての最悪ながん細胞としか思えませんが、彼らはそう思ってはいないようです。

韓国から盛大に文句がきていい内容です。韓国に対する宣戦布告公演ですよね、はっきり言って。

韓国学校などこれに比べたらどうでも良い問題でしょう。それを個人的には韓国学校の方が問題だ、と言っているのが余命うんちゃら界隈です。誰が書いてるのかバレバレでしょう。もちろんこの余命氏と在特会の桜井誠は仲良しです。ジャパニズムで対談してたりしますしね。

こういう裏でつながっている連中のプロレスが繰り広げられているのがネット世論です。ネットに真実などまずないでしょう。工作員の独壇場です。そうとう見る目がないとだいたい踊らされるはめになります。

だいたい朝鮮学校のソルマジ公演を繰り返し繰り返し拡散しない人は要注意です。はっきり言って、この件を指摘すればヘイト界隈や左翼の方々はみんな黙るしかないわけです。いつ崩壊するか分からない国に子供を30年に渡って送り込み、命を危険にさらし続けてきたわけですから。

1987年以降ずっとやらせていたわけです。つまり90年代、大量の餓死者が出ていた横で金日成、金正日を称える公演をして、うまいものを食べて、祖国って素晴らしい!!と思いながら幼少時代を過ごしていた、ということです。ありえないくらい残酷な教育をやらせているわけです。

 この教育のせいで、アイデンティティクライシスに苦しんでいる卒業生の言葉を紹介します。

 私がぬくぬくと朝鮮学校に通い、北朝鮮への修学旅行で贅沢な飲み食いと観光を楽しんでいたその同じ時間に、飢えと拷問に苦しみ、人間としての最低限の自由や権利を完全に奪われた生活をしていた人々が数多く存在したと分かった時の衝撃から、私は目を逸らしたくないのです。自分たちが修学旅行で見た風景は、限られた上位数パーセントの特権階級の世界であったことを、その裏で苦しみあえぐ人民の現実を、人権侵害の現状を、朝鮮学校では決して教えはしないのです。

『拉致と真実 第9号』 P15 朝鮮学校修了生 リ・ナナ 

 これが朝鮮学校の最大の問題でしょう。韓国学校の方が問題などありえません。それにしてもこの問題に注目しない自称愛国者は本当に工作員なのか、純粋に頭が悪いのか、本当に分からなくなります。まぁこの辺は北の思考コントロールの手腕をほめるべきなのかもしれません。

 さすが長年人間をモルモットにして強制収容所で思考改造という実験を繰り返してきただけあります。実にいまいましいですが、大したものです。

※従北偽装保守の暗躍については、ぜひこちらもお読みください。『在特会に入り込んで差別を作りだす朝鮮総連

コメントを残す