『韓国の民族意識と伝統』在日朝鮮文化人への疑問 その1 朴正煕維新体制の批判は北朝鮮からの指令

慰安婦・教科書問題 真の親韓派の見方 『物語 韓国人』より』で紹介した韓国専門家の田中明氏の別の著書『韓国の民族意識と伝統 (岩波現代文庫)』に、在日朝鮮人文化人への疑問という章があります。

1981年に書かれた文章のようですが、今でも変わらない傾向があるので、現在での事例と並べて紹介します。

在日朝鮮文化人への疑問

1981.5

在日朝鮮人について、とくにその批判にわたることについて語るのは少々気の重いことである。それらの人に加えられている日本人の差別や偏見は抜きがたく今も存在しており、その負い目を常に感じざるをえないからだ。そんなところから良心的であることを自負する日本人の間には、日本人が朝鮮人にたいして何か批判的なことをいったり、疑問を提示したりすることを不当だとする雰囲気がある。「日本が朝鮮に加えた(そして加えている)悪行を思えば、そんなことをいう資格が日本人にはあろうか。われわれはまず朝鮮人にたいする抑圧をくつがえすための努力をするのが先決である」といった言葉が投げかけられる。

朝鮮学校の反在日的、反朝鮮民族的な教育を批判すると差別問題にすり替えられ、まず日本人の差別をなくせと声高に言う人たちがこの思考傾向を持ってます。

北朝鮮擁護で、植民地支配の清算をという人も同じ。今現在、朝鮮人を奴隷支配している相手になぜ朝鮮人植民地支配の清算をせにゃならんのだ!?という発想はない。加害者Aが被害者Bのために、新たな加害者Cに被害者Bの慰謝料を払うようなもの。そこに疑問を感じない人のなんと多いことか。

 

たとえば三・一独立運動の発端になった独立宣言とそれに署名した民族代表の評価については、在日朝鮮人研究者の間でも意見が分かれているが、そういう学問分野における意見の分かれにたいしても、それは「日本人が口をはさむことではない。日本人に必要なのは彼ら(民族代表)が日本に向かって何を告げようとしたかを理解することだ」という声が決まって出る。

〈註〉 本稿でいう「在日朝鮮人」とは、大韓民国(韓国)を支持する人、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を支持する人、中立的立場の人を包括している。その支持系統を明らかにする必要のあるときは「韓国系の」とか「北朝鮮系の」という言葉を加えた。在日本大韓民国居留民団(民団)は前者の、在日本朝鮮人総連合会(総連)は後者の団体であることはいうまでもない。

こうした態度は一見、朝鮮人を尊重するかのように見える。だが、はたしてそうだろうか。それは在日朝鮮人を租界に閉じ込めて、討論を含めた真の(すなわち対等の)意思疎通を阻むことになっていないだろうか。そういうところでは社交的な偽善は生じても、生産的な関係が打ち立てられるとは思えない。

要は対等な相手として見てないということでしょう。

可哀そうな在日朝鮮人の皆さんに厳しいことを言ってはいけない、という心情。はっきり言って下に見てますよね。

在日一世・二世を大量虐殺した金一族を称える公演を朝鮮学校の子供にやらせることや、北朝鮮の金日成を神格化した歴史教育(時間の無駄)をしていることを批判したら、「私は朝鮮人の自主性を大切にします」という姿勢で「在日朝鮮人からも批判の声は出ています。判断は在日朝鮮人自身に任せるべき」と言う人もいます。某北朝鮮専門家のストーンボールさんがそういう感じ。

北朝鮮の魔の手から子供を保護すべきという発想がない。放置して、在日子弟の未来が食い物にされても知らんぷりなわけです。これこそ深刻な在日差別でしょう。

(中略)

・・・私自身、在日朝鮮人のことに口を出すのは、他人のことに介入する余計な所業だと長く考えてきた。しかし、朝鮮問題とくに金大中事件以後、韓国問題が日本でも関心事になってくるにつれて、これは他人ごとではないように思われてきた。というのはつぎの二つの現象を見てきたからである。

第一はこれまでも書いてきたことだが、日本人の朝鮮にたいする関心や朝鮮論議が、自発的なものでなく、在日朝鮮人の〝運動〟に主導されなければ、一人歩きできない性格のものだということである。日本には韓国批判の声は高いが、もし日本国内に反韓の在日朝鮮人の運動がなければ、はたしてそんな声が起こったか疑問である(拙著『ソウル実感録』所収「〈敬〉と〈偏見〉と」参照)。七二年一〇月、韓国に維新体制ができたとき、北朝鮮がほとんど批判しなかったがゆえに、日本でも全く批判が出なかったこと(拙著『常識的朝鮮論のすすめ』所収「『日本的韓国論』の病理」参照)、そして北朝鮮が批判しだすと日本でもセキを切ったように非難の声が上がったことは、それをよく示している。

こんなところに嫌韓の原点がありましたね。

嫌韓世界NO.1は北朝鮮だということを理解していない人が多い。それを知っていれば、匿名のネット上で嫌韓言論扇動しまくっているのが誰か分かろうというもの。

韓国でも同じでしょう。反日や反米、さらには反韓言論をネット上で北朝鮮が扇動しています。ある程度扇動した情報に市民権が得られて、アクセスが稼げるようになれば、あとは勝手に狙った通りに大衆が扇動されてくれます。

北朝鮮からしたら笑いが止まらないでしょう。

80年代以前の日本社会も同じ。

日本国内の反韓在日朝鮮人たちが、反韓国運動を主導してそれに”良心的日本人”が乗っかる。

そしてその総元締めは北朝鮮であり、総連です。

維新政治に堰を切ったように文句を言いだしたのが、北朝鮮が批判を開始してから、という時点でそれを証明しています。

(次ページに続く)